ゲテモノをいろいろ食べました

中国では、いろんな食材が出てきます。

いわゆる、漢方として使うものも多く、その中では日本でゲテモノ扱いされるものもたくさんありました。

最初は、見て若干引いてしまったのですが、折角中国まで来たのだから、できるだけ食べよう!と決めました。

なかなかできない経験ですしね。

印象的だったのは、カエルをそのまま串刺しにした姿焼と、蛇です。

カエルは屋台で食べました。

見た目はちょっと食べにくいですが、鳥のささみ肉のような食感で、味も普通でした。

ただ、カエルなので、食べるところが少なくてちょっと物足りなかったです。

蛇は、蛇料理専門店が大学の近くにあって、友達と留学したころから、一度は行こうと言っていました。

みんなで行く日に、熱が出てしまったのですが、このチャンスは逃したくない!と、みんなと一緒に食べに行きました。

食感は、魚と鳥肉をあわせた感じで、歯ごたえがあり、味も臭みがなくおいしかったです。

漢方に使われるらしく、スタミナもつくとかで、体調が翌日すっかりよくなりました。

蛇は高級品のようで、値段はかなり高かった記憶があります。

でも、とてもおいしくまた機会があれば食べてみたいと思うくらい美味しかったです。

ゲテモノをいろいろ食べました」への1件のフィードバック

  1. Mr WordPress says:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントは受け付けていません。