アメリカの大学に留学中に夏休みに中国へ留学しました。

大学のプログラムの一環で、アメリカの大学の単位を中国で取ることができました。

中国語や異文化コミュニケーションなどを学びました。

なぜ中国に留学したの?
と聞かれることが多いですが、中国は元々興味がありました。

人口の数の多さや、
急激に発展している経済など世界で主要な国になるのは間違いないと思いました。

また、お世話になっていた歴史学の教授が中国人で、
中国について様々なことを教えてくれていました。

格差があることや、
アメリカや日本などの先進国とは様々な違いがあることなど聞いていて、是非自分の目で見てみたいと思っていました。

留学は1ヶ月半くらいの短いものでした。

しかしこの1ヶ月半で先進国では見ることができない、
様々なものに出会い、実際に肌で感じて体験することができました。

大きく価値観も変わったように思います。

私のように、2カ国以上留学する機会はなかなかないかもしれないですが、
留学じゃなくても機会があれば若いうちに文化が全く違う国に旅行でも行けるとすごく勉強になると思います